援助交際専用のサイトで相手を探そう

援助交際に特化したサイト

身近な知り合いから、援助交際をしてくれる人を探すのは難しいです。たとえ飲み仲間やセフレであったとしても、途中から援助交際に発展するのも、相手が拒否するかもしれないし、交渉に時間がかかるかもしれません。

「お金をあげるから」と言われても、友達であればセックスをすることに躊躇うでしょうし、セフレから突然「お金を払って」と言われたら拒否するでしょうし、また、「お金をあげるから」と言われても、裏があるのではないか、と普通は怪しみます。

ですので、援助交際をする場合は、初めからそれを目的に出会いを探した方が良いのです。とくに友達など、身近な交友関係のなかからセフレを探そうとすると、トラブルの種になりがちなもの。このようなことを防ぐためには、援助交際に特化したサイトを使うのが一番です。

援助交際をする前にチェックすること

援助交際に特化したサイトをで、目当ての異性を見つけたら、すぐにでも会ってくれるように交渉したくなるでしょうが、実際に会う前に気を付けないといけないことがあります。

まず、相手の年齢をしっかりと確認しておきましょう。18歳未満の女の子と援助交際をしてしまうと、肉体関係がなくても大変なことになりますよ。

また、しっかりと金額の交渉をしないといけません。これはトラブルの元です。曖昧な額のまま相手の女性のセックスをして、いざお金を払う段階で揉めたとします。怒った相手の女性が、男性にレイプされたと警察に訴えでもしたら、男性は不利です。いくら出会い系サイトで会う約束をしたという前提であっても、「嫌になって拒否したのに、無理矢理行為に及んだ」と言われてしまえば、やはり男性は不利なのです。

また、自分の勤め先を相手の女性に教えてはいけません。たとえ良好な関係を築けたとしても、いつどうなるかわかりませんから、万が一のことがないように、個人情報はせいぜい携帯番号くらいしか教えない方が良いのです。

実際に会う前の手順

援助交際を目的にメル友になったとしても、すぐ相手の女性と会えるとは限りません。焦ってしまうと、せっかくメル友にまでなれたのに、音信不通になってしまう恐れもありますから、慎重にいきましょう。

メールのやり取りをする際、あいての悩み相談に乗ってあげるといった、親密な関係作りを心がけてみてください。誠実で信頼できる男性だと判断してもらえれば、相手の女性と会うことができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ