新人看護師に向いている職場ってどんなところ?

新人看護師が職場を探す際に、
どのような職場が理想的なのでしょうか。

 

多くの人は、「残業が少ない職場」「給料が高い職場」
「福利厚生が充実している職場」というようなものを挙げます。

 

 

ですが、新人看護師にとって良い職場というのは、
”経験を積む事が出来る職場”なんですよ。
これを最優先に探すことが大切になります。

 

様々な経験というのは、時にかなり過酷ですし、ハードな日々となります。
毎日残業が続き、心身ともに疲れてしまうこともありますよね。

 

 

ですが、新人時代に積み上げた経験というのは、かけがえの無いものであり、
一人前の看護師として成長するために必須となることでもあるんですよ。

 

 

新人看護師にいくら経験が必要とはいえ、
やはり給料は気になる部分です。

 

大体新人看護師の平均給料というのは、
いくらくらいになるのかご存知ですか?

 

 

大卒の場合、約20万円前後、
看護専門学校卒の場合、約19万円前後となります。

 

これを基準に、これ以上高い給料がある病院というのは、
何かしら過酷な状況があるという可能性を考えたほうがいいと言えます。

 

 

給料が高いということには、何かしらの理由があるものです。
このような点はしっかり確認しておくことが大切ですよ。

 

 

 

■自分に合っている病院を探したい!

 

看護師の中には、「こんな看護師になりたい」
という目標を持っている人も居ますよね。

 

漠然と、看護師になりたかったからという人も居るでしょうが、
仕事をしていく課程で、将来的になりたい看護師像が出てくると思います

 

 

例えば、

 

・救急救命の現場で活躍する看護師になりたい! 
・小児医療で活躍する看護師になりたい!
・資格を取得して、将来助産院を開業したい! 

 

というような事です。

 

 

そこで、救急救命がある病院を選ぼうとしたり、
小児医療に積極的な病院を選ぼうとしたり、産科がある病院を選ぼうとしたりと、
選ぶべき病院というものが見えてきます。

 

今はまだ目標を探している状態であれば、様々な経験を積む事ができ、
多くの診療科目が開設されている病院を選ぶことも大切になりますよ。

 

 

目標に合わせた病院を選ぶというのは、
実際に求人を探す際には難しいこともあります。

 

例えば、学校が斡旋する病院の場合、
とにかく就職してほしいという希望を持っている学校側としては、
「とりあえずここはおすすめだよ!」というように勧められることがあります。

 

 

そのような事にならぬよう、転職サイトを利用してみるのもおすすめですよ。
転職サイトは新人看護師の就職相談にも乗ってくれます。

 

担当者にしっかりと、将来なりたい看護師像を話し、
自分に合っている病院などを一緒に探してもらうことも良い方法ですよね。

 

 

 

■新人看護師にとって重要な事って何?

 

看護師はもともと人手不足が激しい職の一つです。
新人看護師として勤務する場合、もしかして看護師資格だけでは採用が難しいのかも?
と考えることもあるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

看護師免許があれば基本的には応募が可能となっています。

 

 

まだ卒業前で、卒業見込みとなっている場合には、
卒業見込み証明書や成績証明書、
取得済み免許証の写しなどを添えて、応募していきます。

 

ただ、新人看護師として働く場合には、
どの病院を選んでもいいということではありません。

 

 

まずは、教育制度がしっかりと整っていて、
給料の規定なども明確になっている職場を選ぶべきなんです。

 

そして、出来れば離職率についての確認もしておくといいですよ。

 

 

離職率が高い職場というのは、何かしらの問題を抱えている場合があります。
就職しても、教育制度がない・精神的に辛い職場などの理由から、
自分が離職することになっては意味がありません

 

 

看護師として勤務することがこどもの頃からの夢だったという人も居ます。
ですが、理想として考えていたような看護師の仕事は、
現実では全く違っていたということもありますよね。

 

患者さんは全てが回復して退院していくわけではなく、
時には亡くなってしまうこともあります。
精神的に大きな疲労を感じたり、負担に感じることだってあります。

 

 

看護師として働く際には、
現実をしっかりと受け止める事が出来る精神力が必要になります。
自分自身をしっかり保つことが出来る様にしなくてはなりません。

 

 

 

■新卒看護師におすすめの資格ってあるの?

 

新卒の看護師にとって、看護学校で十分に勉強してきたという自信と、
国家試験に合格したという自信があります。

 

そのため、十分に現場で仕事が出来ると感じるかもしれませんが、
経験が浅いということはどうしても働く上で不利となりますよ。

 

 

そこで、自分自身に自信をもつためにも、
資格を取得することを目指してみるというのがおすすめです。

 

意外かもしれませんが、
秘書検定などは看護師として働く上でも役に立つ資格なんですよ。

 

 

秘書検定では、社会人としてのマナーが身につきます。
面接などでも社会人としてのマナーは役に立ちますし、
実際に患者さんと接する際にも、役に立つ知識となります。

 

小児科を目指しているという場合には、保育士の資格もいいですよね。
こどもとの接し方やこども特有の行動など、
保育士としての知識はそのような点でも役に立ちます。

 

 

知識は、何もその職に就く人だけが持っていればいいということではありません。
知識があれば、多くのシーンで役立てる事が出来ます。

 

興味のある分野があれば、それについて勉強したり、
資格にチャレンジしたりすることはとてもおすすめです。

 

 

特に介護の資格は、超高齢社会となっている今の日本では、
とても重要な意味を持ちます。

 

病棟にも高齢者の方が入院されますし、
介護の知識が必要となる可能性もありますよね。
そのため、介護関連の資格も取得しておくと役に立ちますよ。