天使でもなければ耐えられない

交通事故で救急搬送された場合に、医師が見落としてしまった私の鎖骨の骨折を指摘して処置をしてくれたのはまだ若手の介護士の方でした。

通院中に知ったのですが、結構お若いのになんと介護士長さんだったのです。

能力評価が正しくされた結果だと思います。

介護士という職種は、本当に大変です。

夜勤も交代制でありますし、病院も経営難で少数のメンバーで、仕事を回すほかない状況です。

過労でウツになってしまう方も多数存在し、辞職率も高いです。

よく介護士は白衣の天使とよくいわれていますが、本当に天使でもなければ耐えられない激務です。

介護士の役目で重要な事の一つに夜間労働があるという事があります。

病院の場合、夜中に患者の病状が急変する事もよくあります。

その時に、迅速に対処するためにナースには夜勤があるのです。

しかるに、介護士にとって夜間勤務というのは体調が悪化しやすくなりますし、負荷が大きいと言えるのです。

外来にいる看護婦は、医師の診察のサポートをして、入院されている方がいるところなら、入院患者さんの血圧測定、採血などをしたり、患者さんの身の回りのあらゆるお世話もナースが求められるお仕事です。

医師よりも、患者さん側の人間として患者のニーズに合わせて対応するのが、ナースの大事なお仕事なのです。

高齢の方たちの増加が進み、福祉施設で介護士の必要性というものはおおくなってきているのです。

ましてや大きな企業になると介護士さんを雇用していて、健康面やストレスチェックなどのケアをしております。

このような時は、その会社の社員になるということもあると言えるでしょう。

全国のナースの年収は平均437万円程度です。

しかし、国立、私立、県立などの公立病院の介護士は、公務員として勤めているため、年収は平均して593万円ほどになります。

公務員として勤務している介護士は給与の上がる率も民間病院より大きく、福利厚生もより充実しています。

准介護士のケースは、介護士よりも年収が平均70万円ほど低いです。

介護士が希望の病院、医療機関に転職する際に、重要なのが面接といえます。

面談時に聞かれやすい質問は以前の病院での仕事内容、辞めた理由、就職したら、この病院で何をしたいか、それに、看護に関する価値観などです。

特によくきかれる、こうした質問にスムーズに応答できるように考えをまとめておくべきです。

私の叔母が、とうとう離婚をして出戻ってくることになりました。

久々に会った叔母は私が想像していたよりも元気で、「私は介護士資格を持っているから、どんな時でも仕事に困ることはない。

ダメ夫に面倒見てもらわなくても十分に生活していけるわ」とスッキリとした顔で笑っていました。

現代は高齢化が進んで、福祉施設であっても介護士のニーズは増加傾向にあるのです。

さらに、大きな会社になると介護士が医務室などにもいて、健康相談や健康診断、精神的ストレスなどのケアを手がけています。

こういったケースは、社員としてその会社や企業に入社することもあるでしょう。

介護士は医療機関が就業場所ですが、すべきことは医療行為だけではありません。

介護士は病気やケガで、体に障害のある患者さんのサポートもしなければならないので、病院の中でとても多忙に作業しているのです。

介護用品の販売店じゃないけど、重労働の割には、薄給で、ストレスで体調不良になることも珍しくありません。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク