探偵と興信所の違いは名前だけ?

昔はどうあれ、現在は探偵と興信所の違いは名前だけだと言えます。

調査と報告が業務であるという点はどちらも変わりませんし、公安委員会への申請義務がある点も同じです。

不倫調査という点でいえば、特に気にすることはありませんから、自分が信頼できるところに依頼すれば良いのです。

ただ、ある程度の得意分野だのは調査スタッフや会社によっても変わってくるでしょうから、依頼する前に確認しておいた方が良いでしょう。

探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、素行(不倫)調査ではないでしょうか。

探偵がどんな仕事をしているか、浮気調査の場合で具体的に説明しますね。

普通の調査では、事前にクライアントから話を聞き、相手を追うことから始まります。

対象に気づかれては元も子もないので、あきらかにクロかグレーの日に狙いを定め、証拠を入手します。

探偵が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。

再会というのはなんとなく運命を感じるものですが、同窓会などでも不倫に走るきっかけになることが本当に多いです。

なんとなく憧れていた異性と打ち解けて話せたり、同年代の思い出があるせいか異性に対する警戒心が薄れ、距離が一気に縮まります。

そういった再会を機に挙動が怪しいと感じるようなら、不倫の可能性も考えてみてもいいかもしれません。

奥さんがだんなさんの浮気に気づいて探偵を雇って調査するというドラマやマンガって、しばしば見かけたりします。

ときには「素人探偵」が活躍したりもして、危険なことは無理でも、尾行くらい自分にもできるのではと思うかもしれません。

ただ、実際には、相手(関係者含む)が疑わないよう尾行し、写真などの証拠を得るのは、非常に難しいです。

相手に警戒心を与えないのが成果を得るコツですから、最初から探偵に任せたほうが、依頼者にとっても安全です。

探偵社を使い慣れている人はいないと思いますが、時にはとんでもないインチキな会社もあるのが現実です。

依頼しても良いかどうか評判も見て、信用できそうな会社を選ぶことが大切です。

例えば、浮気の追跡といった調査ひとつとっても、しっかりした証拠を得るには時間がかかることもあります。

調査費用、所要期間(時間)等については、浮気 調査 相場の比較ランキングなどでよくよく確認した上で契約するというふうに、一定の段取りはとるべきです。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク